2019/04/09 09:45




あなたに夢中になる "Sucker for you"



「SUCKER FOR YOU」 ってどういう意味?



と思われる方も少なくないと思います。


UYAMAでは、18春夏シーズンから使用されているこのフォントですが、一体どのような意味が込められているのでしょうか。


今回は、「SUCKER FOR YOU 」の意味と使用された経緯について解説していきます。


Suckの意味とスラング

「Suck」とは、直訳で吸う・しゃぶるといった意味をもつ単語です。


例えば、赤ちゃんが哺乳瓶を吸う・吸血鬼が人間の血を吸うなどといったシーンで使用されます。


その"Suck"に"er"を付けた「Sucker」は、一般的には"ペロペロキャンディー"や"棒付きの飴"というような意味を持ちます。



しかし、「Sucker」には、スラングと言われる俗語が存在し、異なる意味を持っています。


その意味とは?



「Sucker」=「騙されやすい人」「マヌケな人」といった決して上品とは言い切れない意味を持ち、アメリカなどのTVでは放送禁止用語に含まれています。



では、なぜそのような品が良いとは言えない単語を用いたのか。



それは、熟語として意味にもう一つの意味が込められていたのです!

Sucker for you と UYAMA

「Sucker」に「for」をイディオムとして並べたときに、少し違う意味があるのです。



"Sucker for ~ " ...に夢中になる人 



他には、「〜には弱い」「〜が大好きだ」といった意味を持ち「I’m a sucker for a pretty face.」=「私は、女の子には弱い」というような表現になります。



スラングとしても使用される単語ですが、熟語としてこのような素晴らしい意味が隠されていました。



UYAMAでは、春夏の初めてのコレクションということもあり、今後に残る何か特別な意味合いを持たせたい。という気持ちがありました。



そこで初めて出会ったこの言葉を採用するまで時間はそうかかりませんでした。



「SUCKER FOR YOU」=「あなたに夢中になる」という意味合いを持たせて、1ヶ月後には製品化し、販売準備を進めていました。



UYAMAが思う意味合いとしては、"YOU"とはここでいう代名詞であり、"YOU"は何を当てはめても良いのです。



例えば、"YOU"="恋人" 「恋人に夢中」やカメラ、イラストレーションというように、夢中になるものは人それぞれ違います。



違っていい、みんなが夢中になれば、それがみんなの幸せにつながる。



そんな思いを込めて、「SUCKER FOR YOU」を名付けました。



みなさんは、夢中になれるものに、心から真っすぐに向き合えていますか?











19s/s "SFU" Pocket Tee【UYAMA】




ベーシックなデザインにさりげないポケットがアクセント。
首を通しても伸びにくく、型崩れしにくい仕様が着心地の良さを表現しています!
流行に惑わされず、男女ともに愛される定番のポケットTシャツです。


"SUCKER FOR YOU" Pocket Tee 

あなたに"夢中になる"ポケットTシャツ

Awake my potential - 私の潜在能力を目覚めさせる -
                          UYAMA©︎


19s/s "SFU" Long Tee【UYAMA】



しっかりした生地質で肌にフィットするロングTシャツ。
袖口はリブ仕様になっており、タイトすぎずユルすぎないので、着回し力抜群です!
メンズライクから女性らしい着こなしまで、幅広く楽しめる1枚です。



SUCKER FOR YOU" Long Tee 
あなたに"夢中になる" ロングTシャツ

Awake my potential - 私の潜在能力を目覚めさせる -
                          UYAMA©︎


ベーシックなデザインにさりげないポケットがアクセント。
首を通しても伸びにくく、型崩れしにくい仕様が着心地の良さを表現しています!
流行に惑わされず、男女ともに愛される定番のポケットTシャツです。





__________________________________________
- UYAMA -

UYAMAは、2人の兄弟が生まれ育った故郷に敬意を表し、立ち上げたユニセックスのプライベートアパレルブランドです。

ディレクター・フォトグラファーを務める兄 (山本 健太郎) と グラフィックデザイン・イラストを務める弟 (今坂 友哉) が、2人の故郷 三重県名張市の "鵜山" をテーマに2018SSからディレクションを行なっています。
兄の写真と弟の絵を中心に、老若男女を問わずシンプルで分かりやすいデザインを心がけ展開しています。
アーティストやクリエイターとコラボをして企画から商品化までを一貫して請け負い、作品を発信するプラットホームとしての活動を続けています。
また、生まれ育った三重県名張市の地域活性化への取り組みも行なっています。
__________________________________________